BACK

最初は誰でもそうなってしまうことですが、波においていかれたり、パーリングします。

厚い波のときと早いブレイクの時と、いろんなタイプの波にトライすることで波のタイプによって変わるブレイクのタイミングをつかむことができると思います。

掘れている波
波の斜面が急角度でパワーがあり、チューブになってる波などを掘れた波といいます。

掘れてる波でのテイクオフは、素早く立って乗るか、立つのをやめるか、あるいはパーリングするかのどれかです。

乗るか乗らないかを迷っているとパーリングしてしまうので一瞬で判断しなければなりません。

早く掘れてくる波はさらにパドルのスピードが必要で、なるべくギリギリまで漕いでパドルで勢いをつけます。立てる瞬間までパドルはやめないことが大切です。

厚い波

波の斜面の角度が緩やかでパワーも掘れた波に比べると少し弱く、波の頂上からゆっくり崩れていく波です。

初心者にとっては乗りやすく、練習しやすい波の形です。

というのも、ある程度パドルしたら、板が自然と動き出すタイミングがきます。それを感じたら立てばいいです。また、そのとき周りを見渡せるくらいの余裕が持てるようになればもっとGOODです。

掘れている波と比べて立つまでの間に時間に余裕があるので、じっくりと考えながら練習ができると思います。

チェックするポイントは、目線はどこかスタンス(足のつく位置)は狭すぎないか棒立ちになっていないか、などです。

掘れている波の時に厚い波のような乗り方をしているとパーリングします。
また、厚い波のときに掘れているときのように一瞬で立ってしまうと十分に乗れていないため、立っても波においていかれます。

レッスンMENU
NEXT
lesson5
テイクオフ
〜テイクオフのタイミング〜
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO